thumb techo201

もう一本の伊東屋「手帳用シャープ」(便宜上こちらは以下「黒軸」、前回紹介した手帳用シャープは「ステンレス軸」と略記します)は、ここ最近発売されたものと思われるのですが、知らないうちにいつの間にか出ており、はたしてこれが新製品なのか期間限定品なのかもよく分かりません。伊東屋のオンラインショップサイトで検索しても見つからないようです。

この「黒軸」は前回言及したように、幾つかの点で「ステンレス軸」における問題点を改善しています。まず軸の細さですが、「黒軸」の方は手帳用鉛筆に近い太さになっており、手帳に収納しやすくなっています。実は「ステンレス軸」の方は手帳の鉛筆スペースより若干太くなっており、入れるのにも何度か出し入れして穴を拡げる必要がありました。おそらく、材質上細くするのが難しかったのかも知れません。「黒軸」の方は真鍮製と思われ、軸も薄く作られています。

各社0.5mmと0.7mmがそろったので書き比べてみました。

bp8 01

thumb techo101

手帳用シャープペンといえば、細長くてどこか頼りなさそうなフォルムだったり、ビジネス向けのデザインのものが多かったりで、個人的にはあまり食指が動かないものばかりです。ただ、この伊東屋オリジナルの「手帳用シャープ」は、手帳向けの細い軸ではあるものの、ローレット加工のグリップやステンレスの軸が製図用シャープを思わせるデザインで、例外的に私の好きな手帳用のシャープペンです。

製図用シャープペンや芯ホルダーが好きな私としては、現在主流となっているボールペンのデザインが、低価格帯・高級品に関わらずどうも好きになれません。低価格帯はラバーグリップで透明な軸、高級品は「大人向け」の丸みがかった重たい感じの軸がそれぞれ苦手なのです。そこでボールペンについても、どこか直線的でソリッドな「製図用」っぽいデザインが欲しくなります。

なつかしのおもちゃ箱のような…今でも大好きな1本です。

ぺんてる「J・GRIP」