各社0.5mmと0.7mmがそろったので書き比べてみました。

bp8 01

低粘度油性ボールペン比較 表

低粘度油性ボールペンと言えばジェットストリーム!という人も多いと思いますが、油性ボールペンのインクが低粘度になったのは今に始まった話ではなく、昔から少しずつ進化してきたような印象があります。記憶にあるところではスーパーグリップ、ニードルポイント、A-ink、Rollyなど…いろんなボールペンが低粘度を売りにしてしのぎを削っていたものです。そんなところに彗星のように登場したのが今をときめくジェットストリーム。ちょっとインクの黒さが黒すぎて気持ち悪いところもありますが、書き味はさすがの一言です。

ただ、0.5mmになるとそんなジェットストリームにもやや陰りが見えるのか、そもそも油性の0.5mm自体に無理があるのか、0.7mmのジェットストリームほどの圧倒的な快適さはありませんでした。いいんですよ。確かにいいんです。でも、何かが足りない気がして…。そんな中で試してみたのがアクロボール0.5mmで、少し軸がカタカタするのとダマが出やすいのは気になりますが、なかなかおもしろい感触なのです。

その一方で、0.5mmで個人的に好きなのはスラリだったりします。このカリッとした書き味です。エマルジョンインクはいまだに得体の知れない存在だったりしますが、どこかシグノっぽい書き味が好みにぴったりで…。ただ、書き出しがかすれやすいのが気になるところ。スラリに限らずゼブラのボールペンは書き出しがかすれる印象があって、ゼブラ歴が長いからそう思ってしまうだけなのか、それとも本当にかすれやすいのか…そこはちょっと微妙なところですね。

ビクーニャはとことん滑り追求型で、自称・世界一のなめらかさだけのことはあります。気持ち的には滑りのところを三重丸にしてあげたいくらいですが、実用上はそんなに滑らなくてもいいかなと…。なめらかなのはいいのですがダマが出やすいのが難点で、あきらめてしまった人も多いと聞きます。以前よりはだいぶ良くなりましたが…やっぱり多いんです。ダマ。憎めないんですけどね。

bp8 02

0.7mmはジェットストリームでいいとして、0.5mmはアクロボールかスラリで迷いそうな…。

一応表にしてはみましたが、人によって感じ方が少しずつ違うのも文房具のおもしろいところだったりします。表の項目以外にもいろんな要素があるわけで、自分にとってのツボはどこなのか…と考えながらボールペンと向き合ってみるのもいいと思います。同じものと見せかけてボールペンのインクも人知れず少しずつ進化してるという話もありまして…しばらくしてからやってみるとまた印象が変わってるのかもしれませんね。

コメント   

#1 sepdectry 2016年01月23日 22:29
低粘度油性ボールペンもここまで並ぶと壮観ですね・・・!
わたしはというと、顔料ゲルインクのパイロット・ジュースにはまっている有様です。
#2 moonpaste 2016年01月23日 23:39
おお、久々にコメントが~。
0.5mmの油性ボールペンはなかなかピンと来るものがなくて、一度じっくり比べてみたかったのです。

そのうちゲルインクや色違いでも似たようなことやってみたいですね。
ジュースは白がけっこういいんだよなぁ~。

コメントを追加

投稿していただいたコメントは管理人の承認後に表示されます。

初めて投稿される方はコメントについてをご一読ください。

以下にあたるコメントは認証されないので気をつけてください。

  • 記事の内容と関係しないもの。
  • 特定の人物・企業への中傷、脅迫行為
  • 荒らし行為
  • 個人情報、企業内の未公開情報
  • 廃番品の購入先に関する質問や譲渡希望のコメント
  • 1対1の私信や、メールアドレスを訊く・SNSフォローの要求


セキュリティコード
更新