カミオジャパン「2 LINES PEN」 ペン先拡大

頭からペン先が2つ、人呼んで双頭式と呼ぶそうです。

右側に黒ペン、左側に赤ペン、そんなペンがあったら便利だよなぁ~と頭の中では考えても、冷静に考えてみると困ったことがいろいろ出てしまいそうで、せっかくのアイデアを心にしまい込んでしまうのが人間の自制心というものではないでしょうか。しかし、世の中変な…いや、おもしろいことを考える人はたくさんいるのでありまして、そんな頭の中の怪物を形にしてしまったメーカーさんも1社や2社ではないのです。

mmb2000 01

たまたま見たプラチナ万年筆のサイトで見つけたシャープペンシルです。飾り気もないステンレスボディに、気の利いた商品名もシリーズ名もなく、商品名=品番(MMB-2000N)というまず売る気が感じられないような地味さ。製品仕様を見ても、特に変わった機構というのもないようです。「商品一覧」の中でも、この地味さが異質な感じを与えています。値段も2,000円と若干高めです。ここまで来ると逆に気になってしまって、どうしても手にとってみたくなるのですが、どう考えても店頭ではまず見つからないでしょうから、通販で購入しました。

手にとって見ると…特徴らしき特徴が特にないというか、でも何かいじってみたくなる、そんな感じのシャープペンシルです。重量は18.4gで、重すぎず「質感のある重さ」とでも言えばいいのでしょうか。長さは13センチですから、短めで手に収まるサイズです。

mmb2000 02

特徴らしき点といえば、このMMB-2000N、似た系統のステンレス軸シャープと比べて、軸の先の方までグリップが比較的太いという点です。他のステンレス軸シャープを見ると、軸のグリップ溝が始まるあたりからなだらかに先端に向かって細くなっていくのですが、MMB-2000Nはグリップ溝の中間辺りからようやく細くなり始めて、さらに口金に段差を付けて急激に細くしている設計です。このため、他のステンレス軸シャープと比べてグリップ部分は太めになっています。個人的にはこの太さが丁度よくて気に入っています。

mmb2000 03

分解してみるとこんな感じです。機構は金属製でしっかりした作りです。チャックが小さいため、ノック音も抑えられています。これで2,000円はなかなかお得かと思います。

 

BM2、Radar knock、Tikky eraser 消しゴム先端

左から3.8mm、5mm、6.5mmのノック式消しゴムです。

5mmというよりは4.8mmと言った方がいいような気もしますが、細かいことはおいといて…。

木のシャープペン、いいですよね…。

BezelとMACINARI 全体

DSCF2167

いかにも無印良品らしいデザインが特徴のこのはさみ。もちろん高価なものには比べるべくもないのですが、

マットで黒色の刃がかわいらしく、ついつい買ってしまいました。