point001

輸入文具(おしゃれ系)の店に行くと、このシャープペンシルをよく見かけます。10角軸でどこかヴィンテージペンシルを思わせる、いかにも海外の筆記具のようなデザインです。上の2本は微妙に違っていて、左(上)のが以前売られていたもので、右(下)が現在売られているものです。左(上)は、アメリカのAutopointから出ていたPushdomeというシャープペンシルです。以前はAutopointのサイトにもあったのですが、現在はラインナップからは外れているようです。もしかしたら廃番かもしれません。そして右(下)なのですが、実はこれ、どこのメーカーのものか分からないのです。

point002

全体的にPushdomeを意識していてほぼ似た形なので、一見すると、Autopointが仕様変更したようにも見えるのですが、クリップを見ると、現在売られている方(画像左)には、「POINT」と書かれています。Autopointは別に社名を「POINT」に変えたわけではないので、これは別メーカーの製品と思われます。そうするとこれ、結構いろいろ「怪しい」んじゃないかという気がします。しかしこれらの2本を比べてみると、まあ…怪しいことには変わりないのですが、実は「POINT」の方が、作りが良かったりします。

point003

先端から軸の部分を比べると、Pushdome(左)の方はテーパーと軸とで別々の部品で構成されているのに対し、POINT(右)の方は一つの部品で構成されています。この部分、Pushdomeは概して加工が雑で(または合わない部品を使っているのか)、パーツの結合部分がズレていたり、接着剤がはみ出ていたり、ひどい場合は微妙にパーツの色が違っていたりすることもありました。当時、店頭にあるPushdomeの中から、きれいに結合しているのを探すのに一苦労した、というか、きれいな結合のものはなかった覚えがあります。その点では「POINT」の方はズレることがないので、仕上がりはPushdomeより良くなっています。その他の細かい点でも、加工に関しては、「POINT」の方がきれいに仕上がっているように思われます。

…それにしても、このAutopointとPOINTとの関係が気になりますね。

コメント   

#1 よびぞー 2015年01月06日 21:07
ノックの感触に違いはありますか?
Pushdomeの見た目は凄く好きなのです
が、スルッと押されて出てくる様な感じ
がどうにも好きになれないんですよね。
#2 isu 2015年01月06日 22:28
ちょうどPushdomeで壊れたのがあったので、口金を外してみたら、チャックは(やはり)樹脂製になっていました。
一方、「POINT」の方を分解してみると(壊さなくても分解できます)、チャックは金属製になっていました。こちらの方は、ちゃんとカチカチと音がして芯が出ます。
あと、もう一つ違いがあって、Pushdomeの方はスライドスリーブとなっているのに対して、「POINT」の方は固定スリーブになっています。

コメントを追加

投稿していただいたコメントは管理人の承認後に表示されます。

初めて投稿される方はコメントについてをご一読ください。

以下にあたるコメントは認証されないので気をつけてください。

  • 記事の内容と関係しないもの。
  • 特定の人物・企業への中傷、脅迫行為
  • 荒らし行為
  • 個人情報、企業内の未公開情報
  • 廃番品の購入先に関する質問や譲渡希望のコメント
  • 1対1の私信や、メールアドレスを訊く・SNSフォローの要求


セキュリティコード
更新