例の筆入れ以外で「気軽に使う用」のペンケースに入れる筆記具のラインナップを考えていたのですが、全体的になるべく細軸にしたいと思い、今までボールペン枠だった「ボールPentel」を変えてみることにしました。

syoken001

細軸で、さらに今どきのラバーグリップ系ではないボールペンという条件で見つけたのが、これです。三菱の証券細字用No. 460(uniではありません、MITSU-BISHIです)。昔ながらの無骨でシンプルなデザインと、軽いボディが実に私の好みです。また、クリップがついてないのも好きなポイントです。

syoken006

けれどもこのボールペン、中身まで昔ながらの油性細字リフィル(S-7L、0.7mm)なのが悩みどころ。個人的には細字でカリカリと書くよりも、太字のボールペンを使ってみたいのです。そんな訳でまず、三菱製で似たような形の太字用リフィル(SA-14CN、楽ノック1.4mm用)を何とかしてみようと思いました。

syoken002

(左: SA-14CN、中央: S-7L、右: SA-14CN加工後)

先端からバネの引掛けとなる部分の長さを同じにするため、先の方のパイプを切ってボールペンチップを取り付け直し、さらにリフィル尾部もS-7Lの全長に合わせるという、単純だけど強引な加工をしてみました(多少手がインクまみれになります…)。これで何とか取り付けることが出来ます。1.4mmに変えただけでも、かなり満足できる書き心地になります。

syoken003

とはいえ、最初のうちはこれはなかなかの発見かなと思ったのですが、何か納得できない気持ちが次第に湧いてきました。まず、この強引な加工方法。今後リフィルが切れるたびにインクまみれになってこのリフィルを作るのは何かスマートではない。それにこのインクは従来の油性インクなので、私の苦手な「ボテ」が出る(ボールが大きいからか、ボテも多めに出るように思える)。そして何よりも、uni以外の他社も含めて、最近のいわゆる「進化した」インクのリフィルを試していない。…というわけで、ゲルインクや低粘度やエマルジョン等といったノック式用リフィルも数種類買って試したところ、上手く入るリフィルが見つかりました。

syoken004

1.0mmですが、ゼブラSurariのリフィル(REQ10-BK)を、S-7Lと同じ長さに切るだけで中に入れることができました。切り落とした部分はインクも逆流防止のゲルも入っていないので、手を汚すこともなく加工できます。これなら交換のたびに手を煩わすこともありません。最近のボールペンの軸(ラバーグリップ付き)が苦手で、書き心地が良いのは分かっていてもなかなか使う機会のなかったエマルジョンインクのSurariですが、これで使う機会が増えるかもしれません。

syoken005

 

コメント   

#1 moonpaste 2014年12月10日 21:17
レックスグリップの1.6mmに入ってるBSRF-8BBなら無改造でもすっぽりで…。
ただ、今の低粘度油性ボールペンと比べるとやっぱり見劣りするところあるかな。
何に使うんだ?というこの太さが憎めないんですけどね。

スラリは細い0.5mmが油性なのにカリッとした安定感と使いやすさで好きだったりします。
しかし太い方は試したことがなかったような~。
ここは両方買って、証券細字用に入れてみたいところです。
#2 isu 2014年12月11日 00:58
加工不要で1.6mmとは。それはやってみたいところです。
やはり従来の油性インクだと、インクのボテが気になりますよねぇ。太字の書き心地は楽しいんですけど。

「証券細字用に入れてみた」シリーズも探してみると面白そうですね。誰得な感じがしないでもありませんが(^_^;
#3 peli 2014年12月14日 20:27
いいですねー。読んでるだけでわくわくしますね。
証券用、また使いたくなってきました。
#4 isu 2014年12月16日 01:59
他にも、アクロボール(BRFV-10F/10M)やビクーニャ(BXM5H/7H)、ニードルポイント( No. 997NP)が入ることがわかりました。
http://www.pilot.co.jp/products/pen/ballpen/spare/oil_based/refill10/
http://www.pentel.co.jp/products/refill/oilbased-ballpointpens/
http://www.ohto.tokyo/ohto/eItemList.asp?fg=off&mcd=825425&gcd=No.997NP&scd=No.997NP
あとはぺんてるローリーも入るようです。
ゲルインキや直液式以外なら、かなりの種類を選ぶことができますね。
#5 isu 2014年12月16日 23:21
ちょっとした思いつきなのですが、ボールペンリフィルの各部分を計測してリスト化しておくと、あらゆるボールペンに関して、その数値からどのリフィルと互換可能かを判断することができるのではないでしょうか。

計測する箇所は、思いつくところでは

・全長
・ボールペンチップの太さ
・先端からバネの引っ掛け部分までの長さ
・パイプの最大径
・先端からインク(逆流防止ゲル)が入っている端までの長さ(切断できる長さ)

このあたりが分かれば、実際に試さずにリフィルが入るかどうかが分かるかと思います。
#6 moonpaste 2014年12月18日 21:06
日本筆記具工業会のサイトにリストがあるのですが、
今となってはだいぶ古い感じが…。
http://www.jwima.org/pen/index.html

検索ではパイロット、ゼブラ、トンボの資料が出てきました。
こちらも全長、太さまでですね。
http://www.pilot.co.jp/support/pdf/refill.pdf
http://www.zebra.co.jp/pro/listkaesin_yuseiball.html
http://www.tombow.com/product-refill/oil-based/

引っかかる部分、インクが入ってる長さ…入れ替えることを考えるなら重要なところで~。
欲を言うなら画面上で2つ並べて比べられるといいのかな…。
#7 isu 2014年12月21日 02:04
この資料の画像と書かれている全長から縮尺を割り出して、引っかけ部分やインクが入っているところの長さを計算することは、一応は可能ですね。どれ位正確に測れるかは自信がありませんが(特にトンボ)…。
この互換可能性リストとか、どこかの雑誌の企画とかでやってほしいなぁ〜。
#8 Turney 2015年02月17日 10:14
オレーヌに入っている低粘度油性芯なら無改造で入るかと思います。多機能エナージェル用のLRN5H-A2 もサイズ同じみたいです。98mmの換え芯って結構多いですね…
#9 isu 2015年02月19日 01:02
なるほど。意外と汎用性のある規格なんですね。ジェットストリームは入りませんでしたが、それを補うのに十分すぎる種類があると、今まで本体の軸がいまいちで使うことのなかったインクも試したくなりますね。
とりあえずオレーヌ辺りを試してみようかと…。

コメントを追加

投稿していただいたコメントは管理人の承認後に表示されます。

初めて投稿される方はコメントについてをご一読ください。

以下にあたるコメントは認証されないので気をつけてください。

  • 記事の内容と関係しないもの。
  • 特定の人物・企業への中傷、脅迫行為
  • 荒らし行為
  • 個人情報、企業内の未公開情報
  • 廃番品の購入先に関する質問や譲渡希望のコメント
  • 1対1の私信や、メールアドレスを訊く・SNSフォローの要求


セキュリティコード
更新