sharpest01

千葉県の文房具店で見つけた昔のコンパスです。どの状態から見せたら良いのか分からないのですが、コンパスなので、まずはこの状態がいいでしょうか。このコンパス、脚をたたむと、こんな感じに変形します。

sharpest02

sharpest03

針のついた脚は軸に収まり、0.9mmの回転繰り出しシャープペンとしてそのまま使えます。口金を回して芯を出す「先回し式」で、使用している芯も短いので、シャープペンの機構は先から4cmで収まっています。軸にネジがついてメカっぽいところが、なんともカッコ良いですね。

sharpest04

連結部のパーツには”Noritsu”と書かれているのですが、このブランドは現在、コンパスでは聞かない名前です。ただ、この商品名である「シャーペストコンパス」は、現在クツワで「復刻」されているので、クツワと関連があるのかもしれません。

sharpest05

それにしても、これに限らずコンパスというのはデザインもカッコ良くて好きな文房具なのですが、全くといっていいほど使う場面がないので、買ったとしても結局使わずに押入れ行きになってしまうのが残念です。「円形チャートスケジュール管理術」とかいうのが出てくればいいんですけどね。

sharpest06

sharpest07

「使用方法」です。こなれてない説明文や送り仮名に味がありますね。

 

コメント   

#1 LimeLight 2014年10月16日 10:22
はじめまして。
私も、小学生低学年の時に持っていましたが、引っ越しを重ねるうち、いつの間にか失ってしまいました。とても気に入っていたので残念に思っていましたが、つい最近、オークションでみつけ、再び手に入れることが出来ました。回転式の先端部分が壊れて動きませんでしたが、画像の「使用方法」を参考に分解して修復し、うまく元通りになりました。よく考えられた構造で感心しました。
多分、消しゴムが着いた替え芯ホルダーが内部に内蔵出来ると思いましたが、残念ながら、それは落札した物にはありませんでした。もし宜しければ、その画像や、売っていたときの箱の画像をのせて頂ければ嬉しいです。
千葉に住んでいますので、購入されたお店にまだあれば買いに行きたいくらいです。(笑)
文房具はアイデアがいっぱい詰まっていて、とても面白いですね。
ありがとうございます!
#2 isu 2014年10月16日 23:04
はじめまして。
このコンパスはプラスチックの箱付きで購入して替芯もついていたのですが、替芯ケースは3センチほどの大きさの赤くて四角いケースでした。本体に収納できるようなものではないみたいですね。もしかしたら、このタイプのコンパスにも、いろんなバージョンがあるのかもしれませんね。

コメントを追加

投稿していただいたコメントは管理人の承認後に表示されます。

初めて投稿される方はコメントについてをご一読ください。

以下にあたるコメントは認証されないので気をつけてください。

  • 記事の内容と関係しないもの。
  • 特定の人物・企業への中傷、脅迫行為
  • 荒らし行為
  • 個人情報、企業内の未公開情報
  • 廃番品の購入先に関する質問や譲渡希望のコメント
  • 1対1の私信や、メールアドレスを訊く・SNSフォローの要求


セキュリティコード
更新