silky001

文房具店で古い洋はさみを探している時にこのシルキーのはさみを見つけたのですが、何とはなしに手にとって刃を動かしてみたら、そのあまりにも滑らかなすり合わせ具合に驚いてしまいました。以降、普段使いはこのBS-170がメインとなっています。

このはさみはシルキーブランドのはさみでは最もお手頃のはさみなのですが、それでも同価格帯(1,000円前後)の他のはさみとは格段に違います。刃の形がどうとか言う前に、はさみは刃のすり合わせこそが重要であるということもこのはさみで知りました(その点で「刃物あそび」の記事は大いに共感できます)。なお、このBS-170は全長170mmで、同タイプで全長155mmのBS-155もあります。

silky002

このBS-170、旧品(下)と現行品(上)とでは違いがあって、旧品ではカシメビスに「すりわり」(マイナス)があるのに対して、現行品では「すりわり」がなく、更に樹脂のリングが間に挟まれています。とはいえ、さほど使い倒したわけではありませんが、両者には特に違いがないように思われます。旧品のカシメビスもネジ式のように見えますが、これで調節できるようではないようです。ただ、樹脂リングがどれだけ耐久性があるか分からないのと、やっぱり見た目はこっちのほうがいいので、個人的な話ですが、刃物屋(シルキーは文房具店でほとんど見かけません)でこの旧タイプを見つけたら買うようにしています。ちなみに現行品の方は「スイートシルキー(BSP-170)」という名前で売られています。

silky003

こちらはBS-170よりハイグレードなシルキーはさみです(画像はNBS-155、2,000円前後で売られています)。ステンレスの質もよく、ネジ式で調節もできます。もちろんこれも、シルキー独自といってもいい滑らかなすり合わせです。まあ、個人的には、どちらかというとBS-170の地味なデザインのほうが好きではあるのですが。

(シルキーのはさみについては、さらにもう一つ記事を書く予定です)

 

コメント   

#1 moonpaste 2014年10月04日 19:54
このネジで調節できるタイプ、おもしろそうですね。
マイナスドライバーがはまりそうなすりわりがあってもすり合わせが調整できるとは限らないのが
ちょっと意外なところだったりしますが、そういえば身に覚えがあるかも…。

何でも切れるように作った多機能なはさみでは無理が出てくる、というのは同感できるところです。
もちろんそういう雑用をこなせるパワフルなはさみがあってもいいとは思いますが、
紙が快適に切れるといいだけなのに…という人の方が多いような気がするんだけどなぁ~。
#2 isu 2014年10月04日 23:48
ネジで締めるタイプは高級なはさみに多い(前に採り上げた三つ葉のはさみもそうです)のですが、これは調整以外にも、研ぎ直すときにバラすためというのもあるのでしょうね。逆にバラせないのは、研ぎ直しよりも交換を…ということなのでしょう。

筆記具やノートは用途に応じて使い分けるのがおすすめされているのですから、刃物だって用途に応じてダンボール切り用、袋開け用、紙切り用などと使い分けた方がいいと思うのですけどねぇ…。

コメントを追加

投稿していただいたコメントは管理人の承認後に表示されます。

初めて投稿される方はコメントについてをご一読ください。

以下にあたるコメントは認証されないので気をつけてください。

  • 記事の内容と関係しないもの。
  • 特定の人物・企業への中傷、脅迫行為
  • 荒らし行為
  • 個人情報、企業内の未公開情報
  • 廃番品の購入先に関する質問や譲渡希望のコメント
  • 1対1の私信や、メールアドレスを訊く・SNSフォローの要求


セキュリティコード
更新