同じ文房具を買ったはずなのに、いつのまにか細かいところが変わっていることがあります。

oldnew t01

日々いいものを作ろうとしてる気持ちの裏返しなのか、クレームが入ってあわてて改善作業を行う事態になってしまったのか、今まで使ってた部品が急に手に入らなくなってしまったのか、それとも単にコストダウンしたいだけなのか…何も言わずこっそりバージョンアップを試みるメーカーの側としてもいろんな理由があるのかなと思います。いつまでも変わらないようでちょっとずつ変わっていく文房具。文房具のマイナーバージョンアップはいい方向で歓迎されることの方が多い印象ですが、場合によっては前の方が良かったと言われてしまうこともあるのでしょう。

oldnew t02

最近買った文房具でバージョンアップしてたものというとゼブラのジムメカです。ゼブラの100円シャープペンはジムメカの後にTapli、Tapli clipと次々と新しい世代が生まれていますが、今でも立派に現役の製品として販売されています。同じように見えても発売当初のジムメカは樹脂チャック、太めのパイプ、シンプルなロゴ、あまり消えない消しゴム。新しいジムメカはTapli clipに近い感じの金属チャックと細めのパイプ、エコマーク付きのロゴ、消えそうなプラスチック消しゴムと、よく見るとけっこうな違いがあるのです。

st141019 t02

バージョンアップ自体はだいぶ前の話になるのですが、なぜか買ってなかったのが新しくなった後のジムメカでした。いまどきのジムメカはどちらかというとTapli clipというよりはクリップがない方のTapliに似た印象で、心地良いノック感とともにちゃきちゃきと動いてくれます。耐久性、パイプの視認性、消しゴム…今になって見ても順当な進化を歩んできたのかなと思う限りです。しかし発売当初のジムメカのやわらかい使い心地もそれはそれで捨てがたいところがあって、実はこっちにも少なからずファンがいるのかもしれませんね…。

こっそりバージョンアップ、みなさんはどんな文房具を思い浮かべますか?

コメント   

#1 yamadori 2014年10月24日 06:32
GraphGear 1000のクリップのバネ部分が初代と現行のもので違うんですよね。クリップオンマルチの500円タイプもクリップが板バネからコイルバネに変わっていたり・・・。

エルゴノミクスMPのガイドパイプも、自分が持っている2003年くらいのものは製図用MPのように4mmくらいの長いものでした。が、2008年くらいに買った別のものは2mmくらいのものになっていました。なんとなく書き味が違う気がして、よく見ると長さが違うことがわかった時には驚いたなあ。

筆記具のロングセラー商品は細かいところで改良されていたりしますね。

最初の画像の手前のSignoキャップ式は、もしかして口金の金属パーツが変わっていたりするのかな?
#2 moonpaste 2014年10月24日 20:28
コイルバネが付いてるクリップオンマルチがあること自体知らなかったくらいで~。
クリップオンといえば板バネという頭がありました。今度店頭でチェックしておかないと~。
エルゴノミックスのパイプの長さも実感がなくて、そんな話もあったかなという感覚で…
そのあたりの感覚でヘビーユーザーとそうでもない人の差が
見えてくるところなのかなと思います。
発売した当初のものを長く使ってると、情報がおろそかになりがちというのもありますね…。
さりげない進化を実感するために、定期的な入れ替えを心がけたいところです。

Signo 0.38mmのキャップ式は左が極細時代、右が極細0.38時代のもので
先端の金属パーツは経年変化が見える以外は同じ感じかなぁ~。
ラバーグリップのベタベタ感が少し違うのですが、こっちも経年変化してるだけなのかも…。
ラバーグリップにしても書き味にしても、時間で変化していくものは
タイムトンネルをくぐらない限り公平に比べられないのがややくやしいところだったりします。
#3 yamadori 2014年10月24日 23:13
3年くらい前に限定カラーが出た辺りから、クリップの板バネが変わっているようでした。(一応参考URLを)

- http://nyuge3.cocolog-nifty.com/nyuge/2011/07/post-5dc3.html
- http://blog.noguchan.lolipop.jp/?eid=934631

クリップオンは、1000円タイプも初期は板バネだったような記憶があります。今はコイルバネになったようです。
もっと廉価なタプリクリップとかサラサクリップ辺りもコイルバネになってもいいような気もするなあ。コストの面で釣り合わないのかもしれませんが・・・。
クリップオンスリムは後発製品だと思うのですが、板バネのままで不思議です。


Signoの極細バージョンは自分も持ってますよ。今のタイプは持ってないのですが、軸にバーコードがベリっと印刷されているのが面白いなあ、と思って、とっておいてあります。(笑) 自分の持っているものもグリップがややベタベタな感じになってきてます。そういう素材を使っていたのかもし れないですね。
#4 moonpaste 2014年10月26日 20:07
店頭を見るとゼブラでも半分くらいがコイルバネになってるんですね。
奥の方に入っていて一見ではわからなそうなところがまたがんばってるところなのかな…。
最新のサララマルチ、スラリマルチだけではなく、定番品にも手を加えてくれるのはありがたいです。

そういえば0.5mmのスーパーグリップやレックスグリップも樹脂チャックになってて
これからパイロットは本格的に樹脂チャック推しでいくのかと考えてしまいました。
スーパーグリップは固定パイプもあるので3バージョン…いや、もっとあるのかも…。
変わらないようで変わりゆく定番品、今度は何が変わるんだろうなぁ~。

コメントを追加

投稿していただいたコメントは管理人の承認後に表示されます。

初めて投稿される方はコメントについてをご一読ください。

以下にあたるコメントは認証されないので気をつけてください。

  • 記事の内容と関係しないもの。
  • 特定の人物・企業への中傷、脅迫行為
  • 荒らし行為
  • 個人情報、企業内の未公開情報
  • 廃番品の購入先に関する質問や譲渡希望のコメント
  • 1対1の私信や、メールアドレスを訊く・SNSフォローの要求


セキュリティコード
更新